カテゴリー別アーカイブ: 未分類

高校時代のさんざんな卒業式

高校の卒業式、というか、その式の終わった時の話です。

私の学校は男子校で、同級生の半分以上がまだまだ「女の子慣れ」もしていないし、「女の子と付き合ったこともない」状態でした。

女の子

そんな中、私は、一駅隣の駅の近所にある女子高の同学年の女の子と付き合っていました。付き合っていると言っても、平日に学校帰りに待ち合わせて、公園や図書館でデートをする程度の「清い」仲。それでも、初めての彼女で十分に満足していました。

卒業新規が終わって、講堂から教室に移り、一通りの訓示を受けた後、私たちは解放されて一斉に校舎の外に出ました。いかにも窮屈な高校時代が終わって、これから自由な大学生活が始まる、それも彼女と一緒に、と思うととてもうれしかったです。

そして、校舎から出て、校門のほうを見てみると、保護者たちに交じって(私の両親は仕事の都合で、卒業式には着ていませんでした)、彼女の姿あるではありませんか。きっと、私の卒業式を待って、迎えに来てくれたに違いありません(彼女の卒業式は前日に終わっていました。私は行けませんでしたが)。

私はうれしくなって、彼女のもとへ駆けていこうとしたその時に、私と同学年の男が彼女のもとに近づいていき、彼女と嬉しそうに微笑みあい、男の自転車の後ろに乗って、さっそうと走って行ってしまいました。

つまり、私は二股をかけられていて、そして最後には振られた、ということです。
自転車の走っていた道は、両側が桜並木で、ちらちらと美しく桜の花びらが舞っていました。

そうこうしている間に私も専門学校の卒業式がちかじかあります。

静岡で卒業袴のレンタルのサイトで袴と着物をパックでレンタルしようと思います。

卒業を機に引っ越しをして、とても悲しかった中学校

中学時代の卒業式の時の話です。

sotugyousyousyo

実は小学校卒業を機に、父の仕事の都合で引っ越しをしました。

ですので小学校時代からの友達や、仲の良い友達とことごとく別の学校に進学することになりました。

しかし、そんな私の気持ちは見事に消えてしまいました。

そのため私は、卒業式の前から多少感極まっていました。仲のいい友達の家でお別れ会をして、楽しい写真を撮ってみんなと楽しくお別れするつもりだったのに。

なんと仲の良かった友人が引くくらい泣いたからです。

感情が豊かな友人だったので、ある程度予想はしていました。

しかし、彼の感動は私の予想の斜め上でした。

涙はだらだら流す、鼻水も出る。

頑張らなくてもいいのに、そんな状態で必死で歌を歌おうとします。

さすがにそこまでの感動には共感出来ず、引いてしまいました。

終わった後も落ち着かせるので大変でした。

結局、私の中学時代の卒業式の思い出はその友人で埋め尽くされてしまいました。

数年後、そのことを当の本人に聞いてみましたが、ほとんど覚えていないということでした。

「あんなに感動していたのならせめて覚えておけよ!」と言う私。

それに対して、友人は「感情が不安定だったから覚えられるはずがない。」と言ってきました。

確かにそうかと納得させられてしまいました。

最もみんなとの別れが名残惜しかったのは高校の卒業式

小中高と大学と合計4回の卒業式を経験してきましたが、最も別れが名残惜しいと思ったのは高校の卒業式でした。私は公立の学校に通っていたから高校までは結構地元の友達と同じ所に進めたので、メンバー的にはあまり顔ぶれは変わらなかったんです。

omedetou

なので高校の卒業式はみんな進路がバラけてしまうこともあり、すごく悲しかったのを覚えています。その上高校の卒業式って結構早い時期に行うので、その時私はまだあっちこっち受験をして結果待ちだったので進路がはっきり決まっていなかったのです。

そんな状態で高校を追い出されることにすごく不安を感じたりもしました。所属が曖昧というか、自分の場所というのが失われてしまうように思ったのですね。そんな風に悲しくて不安なのに、受験の事が気になってあまりその感情に浸ることも出来ないといった当時の状況は精神的にきつかったです。

恥ずかしながら結構泣いてしまって、友達を困らせてしまいました。でも今から振り返るとそんな卒業式があったから友達との結束が強まったかなという気がします。